性教育、終了しました~(3/26/2017)

 

先週の日曜日、2017年3月26日にひだまりクラブでもう4・5回位開催されているでしょうか?!~子どもと性について話そう~Raising Sexually Healthy Children が、開催されました。

毎回たくさんの方に来ていただき大盛り上がりして終了するのですが、今回は比較的参加者も少ない。。。予定だったのですが、ラストミニッツになってどかどかっ!と増え、まさかの10人。

いつものようにどどっと5名ほどの方がAsian Community AIDS Servicesから来てくださいました。
JSSでソーシャルワーカーをしているちえさんを始め、その他ソーシャルワーカーになるために勉強中の皆さんなど、殆どの皆さんはACASからのボランティアスタッフとして来てくださいます。
だからこの会は、

共催:Asian Community AIDS Services、ひだまりクラブ
協賛:Japanese Social Services

となっており、このToronto Public Healthの公式プログラムが日本語で開催することが可能となっているのですね。

日本語でやってくださるなんて、なんてありがたい。
そして、日本人の気持ちが同じ日本人としてわかる方がファシリテーターをしてくださっているというのも大切なポイントですね。更にはさらにはトロントの公式プログラムという事で、日本とカナダの文化の違いも垣間見れたりして。

 

こうして集まってくださった10名の皆さんとACASの皆さん、ベビーシッターさんに遊びまわる子供達、ひだまりスタッフ。。という大人数で始まりました。

 

まずは自己紹介から、引き続きいつものようにGenderについての話から入ります。
なんとなくわかっているようで解っていない、そして改めて誰かにその本当の意味なんて聞く機会なんてなかなか難しいでしょうし、こうやって改めて教えてくれる&復習出来るというのは大事な機会だと思います。
自分が理解しないと、子供から質問された時に回答できないですからね。

 

それからグループに別れてディスカッションをしたりそれを発表したり、話は具体的な所まで深まっていきます。
今回は、今までの反省を踏まえて、あまりにも終了時間が遅くならないように頑張っていたところが見受けられました。その効果は絶大で、しっかり時間通りに終了することが出来ました。それはそれで素晴らしいことなのですが・・・。

なんか、ちょっとインパクト少なかったかな?!なんて感じてしまった私。
いつもは止められない位続いたりするのが・・あれ?

後からふと思ったのですが、今までは多分、参加者の方から自分の体験談(結構衝撃的な・・)を話してくれる方が結構いたのかもしれません。そこで話が盛り上がりすぎて思わず時間オーバー(笑)
やっぱりそこは性に関する話。性行為だけの話ではなくその範囲は広いものなんですが、やっぱり何だかこっぱずかしいですよね。そして、聞きずらいけど。。でも聞きたい(爆)誰か話して(爆)

次回はファシリテーターの皆さんに、もっと参加者の声を引っ張りだしてきたらよいかも?!
若しくは、今までの過去
の会で上がった話なんかを出してみてもよいのかな?!なんて勝手に考えていました。
なかなか話しずらい話題だし、なかなか恥ずかしさが残ってしまう、このトピック。
性行為そのものの話をするだけではない。性に関する話題となると自分の想像以上に広範囲な話。
性に対する間違った意見が一人歩きしてしまう危険性があるのであれば、正式な知識をまず親が持ち、そしてそれを親の口から恥ずかしいものという印象を植え付けながら話すのではなく、きちんとした態度で、更にはとても大事な話だと話してあげれるようになれればよいですね。

参加者の方からこんな感想を頂きました。

>まぁ、1回参加したぐらいで答えが出るものでもないなーと…また参加したいと思います

そうなんですよね!!!そうなんです。
このトピック、何度参加しても毎回違うトピックが出て来ます。とても面白い。
多分、自分の漠然とした性に対する理解は、なかなか2時間のレクチャー位で噛み砕けるものでもなく、何度も何度も聞いて改めて考えて、実際に問題が発生してみたり真剣に考えてみたりしながら。。そしてほかの人の意見も聞いて・・・そして自分なりに解釈できるようになるものなのでしょうね。

今までの会は、もっと参加者の方から「子供と性に関する質問」がありました。
次回はもっと、実際に起こりうる問題をたくさん持ってきて、それを元にディスカッションしていけばよいですね。

 

人それぞれ、場所変われば、家庭が違えば常識も変わりますね。
そんな皆をどうやったらうまく性に対して理解を持ってもらえるか。
そのためにこの会を成功させようと、ACASの皆さんは夜は遅くまで残ってミーティングを繰り返してくれたそうです。会が終了した後、皆さんが帰った後の反省会もかなり白熱していました(笑)

社会が一緒に常識を共有出来て生きていければ、これほど楽なものはありません。
正式な知識をつけてそれをみんなでシェアしていこうね。という意味で、トロント市が推奨している会なのです。
子供達を健康的に育てるためにも必要な、性の知識。
この会に参加することにより、参加者の皆さんの意識に少しでも変化があれば、自分たちが知らないうちに持っていた古い考えや古い習慣を「そうだったんだ」と理解して、更に新しい知識も取り入れてくれれば・・・

私たちはとても嬉しいです;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(↑性教育の子供向け本、避妊道具の紹介、無料配布もあり)

これからも定期的に開催していく予定ですので、またのチャンスがありましたらリピーターの方でもぜひとも何度でもご参加ください。大歓迎です!子供達は日々成長していますので、また違う悩みもどんどん出てくるはずです。皆で悩みをシェアして勉強していきましょう~。

 

クリックにて応援、宜しくお願いします↓
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website